医者

肌を良くするために

看護師

治療に使用する機器

美容外科ではシミの治療をすることができて、仙台の美容外科でもシミの治療はよく行われます。シミの治療にはレーザーが有効で、シミが数か所にできている日光性色素班はレーザーで薄くすることもできます。ほおに広範囲に細かく無数に広がる場合や肝斑の場合は、ビタミンCやトラネキサム酸が有効なことがあります。真皮のシミにはQスイッチレーザーが有効で、このレーザーは真皮にあるメラニンだけを破壊する性質があります。Qスイッチレーザーは瞬間的な照射でシミを取ることができてとても便利です。目の下の細かい色素沈着などは、数回の照射でシミを薄くすることもできます。こうした治療は保険がきくことも多いです。レーザーは出す光線の波長によって届く場所が異なります。どの場所にあるシミかによって、光線の種類を変える必要があります。フォトフェイシャルは注目の治療法で、波長の短い光線から波長の長い光線まで多くの種類の光線を一度に照射できます。フォトフェイシャルは、肌の表面のシミを薄くすると同時に、コラーゲンを作る細胞や毛細血管に作用することもできます。赤みが気になる人やたるみが気になる人にも効果があります。仙台で美容外科に通う目的は人によって様々で、外見を大きく変えることを目的に通うこともあります。目は人の印象を大きく左右するパーツですので、美容外科で目元を変える時はより慎重になることも大切です。目頭切開は様々な応用が可能で、目尻を少し切開することで優しい印象の目にすることも可能です。目の横幅を広げてこめかみまでの間隔を短くして、小顔に見せることもできます。目元を変える時は総合的な判断が大切で、自分のスタイルとの相性を考えることも大切です。目元を変える手段として皮下脂肪組織を移植することがあります。上まぶたがくぼんで老けてみえるのを改善したい時に、皮下脂肪組織を移植することがあります。美容外科の技術はとても進化していますので、仙台の美容外科を選ぶ時は様々なことを確認する必要があります。自分が納得できる医療機器で最新の医療をしてくれる美容外科を仙台で見つけることはとても大切です。