質がいいのに費用が安い|我儘を叶えてくれる国分建設

家の模型

北欧の住宅を建てる

内観

重厚感があり断熱性が高い

北欧の国では冬になるとマイナス30度を超えて厳しい寒さになるため、住宅には優れた断熱性や機密性が求められます。そのため北欧住宅を日本で建設することによって、冬は暖かく夏は涼しい快適な家になります。また30年前後で建て替えが必要になる日本の住宅と違い、北欧住宅は100年以上にわたって暮らせる家になります。ですから北欧住宅を建てれば親子孫と三世代にわたって、ひとつの家を住み継いでいく事ができます。住宅の外観も北欧住宅は、日本の住宅にはない重厚感のあるデザインになっており、木材を多く取り入れた造りになっています。日本の住宅は窓のサッシにアルミが使われていることが多いため結露が発生し、住宅の断熱性も劣ります。北欧住宅は木材を基本とした家を造っているため、窓のサッシも木材を使用しており、断熱性が高く結露しません。また木材は断熱性に優れているだけでなく、遮音性にも優れているため、北欧住宅は外の騒音を部屋の中に伝えません。機密や断熱の優れた家は窓の面積が狭く、数が少ないことが多いですが、北欧住宅は大きな窓を多く取り入れたデザインです。窓ガラスを三枚重ねたトリプルガラスを採用しているため、北欧住宅は大きな窓でも部屋の快適性は維持されます。また住宅の断熱性が高いため北欧住宅は広いリビングでも、少ないエネルギーで部屋の室温を快適に保てます。そのため北欧住宅は吹き抜けの構造や、広いリビングの間取りを採用して建てられることが多いです。